人気ブログランキング |

EASTON EA90SLX

6時半起床。快晴。実は5時過ぎに目が覚めたがこの時期あまりにも早すぎるので二度寝した。
寝坊せずにいい時間に起きれてよかった。

よし今日はSCOTT CR1で走りに行くぞ!ホイールは当然EA90SLX。どんな乗り味か楽しみだ。

そそくさと準備して養老方面に向け8時過ぎに出発。

乗り始めてすぐに判ったこと。 「加速が軽い!」
AKSIUMだと次々とギアチェンジして巡航速度に達するのが、EA90SLXだとちょっと踏み込むとすぐに加速してくれる。ある意味ギアシフトをサボれてしまうホイールです。

あと坂道もくいくい登ってしまう感じです。
勿論ラクチンではありませんが、今までなら絶対シフトダウンしたような状況でも、何だか誰かが後ろから押してくれてるような感じでそのままのギアで登ることが出来ます。

25km/h平地巡航も、だいたい今までよりギア2段分ぐらい軽くなった感じ。
もっともこのうち1段はホイールではなくてスプロケが11-25Tから12-25Tになったせいですが...

速度でいうと20km/hぐらいかな?と思ってサイコンを見ると23km/h、23km/hかなって思うと25km/h..という感じ。
この差がホイールの軽さの差なんだろう。

ちなみに乗り心地は、殆ど変わらなかったです。強いて言えばEA90の方が少し固いのかな?という程度。

さて、ここからは少しネガティブな面。
前述のように25km/hぐらいまではすぐ加速できて巡航もラクなのですが、27km/hを越える辺りから何だかペダルが重いというか後ろから引っ張られるような感じになります。恐らくリムが軽いせいで慣性が効かないのと、スポークがエアロでなくフランジ幅も広いことによる空気抵抗が無視できないレベルになるからだと思います。

25km/hを超える平地巡航は恐らくAKSIUMのほうがラクチンです。リムが重いおかげで慣性で進んでくれます。
EA90だとAKSIUMに比べて明らかに平地では足を止めてシャーと流す時間が減ります。
ちなみにフリーの音はAKSIUMより少し大きいです。でも(たぶん)カンパやフルクラムよりはずっと静かです。

さて、今日は調子が良かったら二之瀬に行ってみようと思ってましたが、まだ本調子ではないようで結構しんどい...
25km/hを超える巡航はAKSIUMのほうがラクチンと書きましたが、こう感じたのは単に体調のせいかもしれません。

とにかく今日はケイデンスがあがらないので、途中でポタリングモードに切り替えることにしました。
b0088444_2239285.jpg
ポタリングモードに切り替えたとたんCR1を停めてEA90SLXの記念写真をパチリ。朝日を浴びて光り輝いています。
b0088444_23274878.jpg
津屋川堤もすっかり晩秋の装いになってきました。
b0088444_2315193.jpg
秋の津屋堤のパノラマです。
b0088444_23291238.jpg
今日はしんどいから短めにしようと思っていたのですが、ポタリングモードに切り替えた途端気持ちが楽になり、結局、下池公園まで来てしまいました。
b0088444_23294531.jpg
恒例の記念写真。今日はパールイズミのウインドブレーカーを羽織りました。下はdfsジャージ(dfstreamさんから貰ったからこの名前をつけました)です。
b0088444_23155817.jpg
写真を見て気付いたのですが下池公園に来るときは天気が良い時が多いです。というか天気が良いとここに来てしまうんですね、きっと。
b0088444_22464786.jpg
帰り道。ここもよく来る白山神社もすっかり秋でした。

<今日の走行(CR1)>
 距離:55.83km 時間:02:29:12 ケイデンス:81rpm
 平均速度:22.45km/h 最高速度:34.41km/h

 年初来走行距離:3740.16km 年初来走行時間:178:53:33

今日の印象をひとことでまとめると、坂道・レースならEA90SLX、平地・ロングライドならAKSIUMといったところでしょうか。

EA90SLXはオールラウンダーといいながらもやっぱりヒルクライム向けだと思います。
一方AKSIUMはコストパフォーマンスの高いホイールなんだなぁというのが改めて実感できました。

なお、今日は風邪が治ったばっかりだったのと久し振りだったせいか脚が廻りませんでしたので、もっと乗ってみたらEA90SLXの印象はまた違ってくるかもしれません。

あとスプロケの変更も曲者で、いったんシフトアップしたのをすぐシフトダウンしたりとかギアの選択に結構もたつくことがありました。
11-25T の感覚が結構体に染みついていたんだなぁと思いました。
12-25T に慣れたら、これもまた印象が違ってくるのかもしれません。

とにかく暫く乗り込んでみてまた評価したいと思います。

by dthSutra | 2008-11-29 23:25 | 色…のりもの