人気ブログランキング |

ぱんく

22時45分就寝、6時30分起床。晴れ。当然今日もルポ君で遠回りジテ通。

と、思ったら...
b0088444_21454250.jpg
ルポ君、パンク...
b0088444_21461258.jpg
急遽BD-1を緊急配備して...
b0088444_21464993.jpg
スクランブル発進。
b0088444_21472911.jpg
もうすぐ長良川CRの一部が全面通行止めになるようだ。
きっと未来工業(ユニーク経営で結構有名な会社)の通勤路が出来るのだろう。
迂回路を考えとかなくちゃ。(車道だったら迂回路が案内されるんだろうけど自転車道はきっと何もなし...)

無事定刻に会社に着きました。

<今日の走行(BD-1)>
 走行距離:26.61km 走行時間:01:14:33
 平均速度:21.42km/h 最高速度:32.3km/h 月間距離:150.1km
 年間距離:5462.64km(ローラー:529km) 年間時間:242:33:02 貯金:+494.1km (+27.7日)

<今日の体重変化>
 前日比:+0.20kg 目標比:+1.15kg 前月同日比:+0.15kg

さて、今夜はルポ君のパンク修理。
b0088444_21542548.jpg
タイヤレバーでタイヤをリムからはずします。
デトネーターはゆるゆるなので楽チン。(多分レバーなしでもラクラクはずせると思う。)
b0088444_21555939.jpg
チューブを取り出したらまずはパンク穴の場所を確認します。
元の向きのまま空気を入れて、シューといえばすぐ見つかるし、いわなければ水につけて...
これ一番重要な作業。原因不明のままチューブを換えても、またすぐにパンクするかもしれません。
b0088444_21584896.jpg
パンク穴の位置を確認できたら、その場所周辺のタイヤを確認します。(実際はまず内側から見てみます。)
ほら、何か刺さってました。
b0088444_21594257.jpg
見事なガラス片でした。
こればっかりは不可抗力... てか、ガラス割ったらちゃんと掃除してくれー!
b0088444_2204821.jpg
普通なら今回のようなパンクならチューブをパッチで修理して再利用するところですが、バルブの付け根が痛んできてるので、現役引退させることにします。(実は最初ここのパンクを疑っていた。)
3年近く活躍してくれたSCOTTの純正チューブさん、ご苦労様でした。
b0088444_2232671.jpg
新しいチューブはシュワルベのチューブ。105g。きっと丈夫。と願いたい。
個人的にはシュワルベはアルトレモで懲りてますので相性イマイチなんですが、他に手持ちがマキシスの軽量チューブしかないのでしょうがない。
b0088444_2271760.jpg
タイヤにはめる前にちょっと空気を入れます。作業効率はもちろん失敗を防ぐためにもこれも結構重要な作業。
b0088444_2284815.jpg
やさしくやさしくセットします。シュワルベ君頼むよ!
b0088444_2292847.jpg
チューブが入ったらタイヤをリムにはめていきます。
(写真はカメラ持ってるので片手ですが、両手で向こう側にしごきながら入れていきます。)
b0088444_22105734.jpg
ここまで来たら、あと少し!(デトネーターはラクラクですが、タイヤによってはここからが試練です。)
b0088444_2212628.jpg
よし、入るぞ!(駄目なときは、手元から何回もしごけば、そのうちきっと入ります。ある意味不思議です。)
b0088444_22135230.jpg
タイヤが嵌ったらチューブを噛んでないか確認します。
b0088444_22143021.jpg
反対側も見ながら、グルッと一周。
この作業も重要です。外でパンク修理するときなど焦りがちですが、急がば回れです。
b0088444_22155093.jpg
細いタイヤだとバルブの根元を挟みがちなので、ちょっとバルブを押し込んだりして確認します。
でもやりすぎるとチューブやバルブをいためるのでご注意を。
b0088444_22173163.jpg
タイヤが嵌ったら、あとは空気を規定圧まで入れて修理完了!
携帯ポンプで入れるときは修行のつもりで、でもバルブを折らないように気をつけて...
ちなみに写真のようなアダプターを使えばいくらか入れやすいです。

以上、パンク修理講習会でした!

明日こそはルポ君でジテ通するぞ!

by dthSutra | 2010-10-06 22:33 | 色…のりもの