人気ブログランキング |

Dimage XG vs EXILIM EX-V8 (機能編)

6時50分起床。薄曇り。結構悪くない天気だが雨になるとの予報に素直に従いクルマ通勤。
昼頃から結構な雨に。夜は殆ど止んでいたがパラパラしていた。今日の予報は大当たりでした。

<今日の走行(なし)>

さて、今日はDimage XG vs EXILIM EX-V8 の機能比較です。

まずは静止画撮影のプリセットモードについて
b0088444_22123031.jpg

Dimageは、フルオートシーンセレクターといって「ポートレート」「スポーツ」「風景」「夕景」のなかから自動的に最適なモードで撮影する機能があります。手動で選択することも可能で疎な場合は更に「夜景・夜景ポートレート」の選択も出来ます。
b0088444_2220340.jpg
Exilimは静止画モードがなんと34種類も用意されてます。このカメラはS優先、A優先、M撮影もできるのですが、ものぐさな私にはこの34種類ものモードで基本的に事足りてしまいます。

Dimageのフルオートは便利そうですが殆ど使うことがなく、ここはExilimに1票を投じます。

次は操作ボタンのカスタマイズについて
b0088444_22292194.jpg
Dimageはズームレバーの左右のボタンに4つのうち好きな機能を割り当てることが出来ます。ドライブモードとは連写やセルフタイマーの設定のことです。
ちなみに私は一番使うことが多い露出補正を割り当てています。
b0088444_2235028.jpg
Exilimは5つの機能から割り当てることが出来ますが実質Dimageと同じです。
ちなみに私は購入直後にEVシフトを指定しましたが、昨日書いたように知らぬ間に押して勝手に変わってしまうので「切」にしました。残念です。

ボタンカスタマイズについてはあくまで機能比較という条件つきでドローとします。

次に動画の連続撮影について
b0088444_22111185.jpg
Dimageは320x240 15fps で仕様上は無制限に連続撮影できます。実際はメモリサイズ(SDHCが使えないので2GB)か電池寿命の上限まで連続撮影できます。
試してみたところ電池が切れるまで約1時間35分撮影することができました。メモリもほぼいっぱいを使ってました。
b0088444_22421240.jpg
Exilimは容量4GBまで連続撮影することが出来ます。これはUHQ(640x480 30fps 6Mbps)で約1時間30分、HQ(640x480 30fps 3Mbps)で約3時間となります。
HQで試したところ電池切れまで約1時間55分撮影することができました。
b0088444_2259151.jpg
さらにExilimには動画にもプリセットモードが沢山用意されています。これはDimageにはない機能です。

さて、動画を長時間連続撮影できるデジカメは案外少なくて、Dimage、Exilim以外だとSANYO Xacti くらいしかありません。他はせいぜい10分程度が上限です。

Dimageは古い機種にも拘らず大健闘してますが、画質の差は歴然でここはやはりExilimに1票を投じます。

ちなみにExilim の動画性能はあまり大きく宣伝されていませんが、動画をメインに打ち出しているXactiに負けないくらいの画質だそうです。
実際、さすがにHD動画には適いませんが、SD動画としてはなかなかの画質で撮影できました。

以上、機能比較ではやはりCASIO Exilim EX-V8 の圧勝となりました。
Dimageの筐体にExilimの中身を組み合わせれば最強のコンデジができるのにと思いました。

by dthSutra | 2008-12-09 23:02 | 色…カメラ