3連休おしまい (ビアンテ試乗記)

7時10分起床。目はもっと早くから覚めていたがウダウダ過ごす。

3連休(私は有休含め4連休)も今日でおしまい。
腰痛はちょっとましになってきたが、自転車はパス。
関ヶ原の別荘で過ごすことにした。(ウソです。ただの実家です。)

<今日の走行(なし)>

昨日はマツダに行って、ビアンテを試乗してきました。モデルは20S FF。

まずは運転席への乗り込み。ラクちんに座れました。てか腰痛にもかかわらず気付いたら座ってました。

エンジンを掛けて、パーキングを...おっと足踏み式だ。フットレストがないのがちょっと気になる。
ATセレクターはごく自然に操作できる位置...お、マツダ伝統のHOLDスイッチが健在。妙にほっと安心。

細かいところで、エアコンの操作部とインジケータが離れているのが気になった。デザイン優先かー。
まあすぐ慣れるだろうし、大した事ではないので気にしない。

走り出すと...普通に走る分にはエンジンはじめ走行音はかなり静かです。
いちばん新鮮というか違和感あったのはAピラーの位置。妙に遠くにある感じ。今までにない視野感。
正面見てると普通よりAピラーが視界内側に入ってくる。極端な言い方をすると2列目で運転してる感じ。
でもすぐに慣れます。三角窓が広いのは実はAピラーが遠くにあるせい。おかげでコーナリングのときの巻き込み確認はすごくしやすかったです。
Aピラーとドアミラーが離れているメリットは結構大きいですね。

視界の高さは先代MPVより少し高いぐらいか。フレンディよりは全然低いです。
インパネは意外と高め。割と囲われ感あります。MPVより高目かも。フレンディより全然高いです。
フレンディは凄く低くて見やすい反面、高速などで路面がビュンビュン流れて目が疲れたのを思い出しました。
その点、ビアンテは目は疲れにくいでしょうが、発進時の安全確認は要注意です。小さい子供がすぐ前にいても全然見えません。(私はオプションのフロントモニターつけました。)

あとノーズがミニバンにしては長めなのが気になってましたが、運転席から見るとノーズ先端とAピラー先端が一致するようになってるところが、うまい!と思いました。

乗り心地はあくまで同乗者優先といった感じです。ハードな運転は全然していないのでサスがどうとかは判らなかったですが、MPVなどの「走る」感じとは明らかに違います。
フツーに運転しやすい車で、見た目よりどっしり落ち着いた走りでした。でも決して鈍重でないところがさすがマツダです。
今乗ってる先代MPV(V6 2500cc 4WD)よりずっと軽快に走ります。

取り回し性も先代MPVよりずっといいです。
試乗の時ちょっと寄り道して自宅の駐車場に入れてみたのですが、切り返しなしで一発で入れれました。
あ、リアミラーがオプションにも設定がないのはいただけませんね...今日の試乗で一番のマイナスポイント。
見た目どうこうでなくあれは必要です。ナビのバックモニターなんていちいち見るのは面倒です。

なお、私が契約したのは、4WD 4AT。
今回試乗したのはFF 5ATなので乗り味がどれぐらい違うのか気になるところではあります。
[PR]

by dthSutra | 2008-07-21 23:41 | 色…色々